【レビュー】市川まさみ出演 都立しゃぶりながら高校は新世界だった

勃起チンポが壁から床から生えている世界

1sdde00401-4 1sdde00401-3 1sdde00401-2 1sdde00401-1

ジョンレノンは言いました、「イマジン」 想像してみてよ、と。

想像してみてください、壁から机から勃起チンポが生えている世界を。

そして、そのチンポをしゃぶったりハメたりすることが当たり前の世界を。

そう、それはPEACE。ふざけて書きはじめましたが、見た時の感想は「エロ平和い」というものでした。男が出演せず、セックスという名ではなくエロい事が起きているということがこんなにも心の平穏をもたらしてくれるとは。

 

謎の設定に謎のシチュエーション

1sdde00401-14 1sdde00401-8 1sdde00401-5

なぜ生えているのか、それは分かりませんが、女の子は近くにチンポが生えてくるとしゃぶったりハメたりせずにはいられません。

そこまではなんとか設定を飲み込めたとしましょう、無理ですが。

その上でよくわからないのが、しゃぶったりハメたりしていることを周りがなんとも思ってないどころか、触れもしないということ。この世界ではしゃぶったりハメたりすることはどういうこととして捉えられているんでしょうか。

 

男不在、チンポ存在ということ、局所的なエロという新しさ

1sdde00401-19 1sdde00401-15 1sdde00401-14 1sdde00401-16 1sdde00401-10 

男をチンポだけにしようというのがこの企画の出発点なんだろうと思われます。類似作品にスペレズというのがありますね。レズの中にチンポが介入するという。ただ、スペレズとこの作品は明らかに違っています。

スペレズはレズという「セックス」が中心となっているのに対し、しゃぶりながらは「日常」が中心になっています。

「日常」にチンポが生えてくることよってエロが生まれるのですが、画面全体がエロに包まれるワケではなく、局所的にエロが発生しつつ日常は進行していくということが平和感をもたらしているような気がします。

先ほど言った、しゃぶったりハメタリしていることを周りが触れないという謎の設定も、日常の進行を止めないという目的で設定されたものかなと、見ているうちに合点がいきました。

 

市川まさみのエロフェラは抜ける

1sdde00401-18 1sdde00401-17

市川まさみ、本当にかわいくて本当にエロいですね。この作品では教育実習生として登場し、しゃぶっているところを披露してくれますが、しゃぶりかたがエロいよ!

その直前まで女子の世界で話しているので、当人もギャップをどう処理して良いかわからなそうな感じがありつつしゃぶりはじめますが、男不在なだけにチンポの気持ち良さそうな感じにこちらも同化していくことができます。抜けます。

 

都立しゃぶりながら高校の詳細

JAVCOVERY内ランダムPickUp!サムネイルをクリックすると動画ページが表示されます
Fatal error: Call to undefined function get_field() in /home3/kojima41/public_html/javcovery.net/wp-content/themes/javcovery/single-review.php on line 52